AGA

AGA

本当に効果のあるAGA治療薬とは

AGAとは

正式名称は男性型脱毛症。主に男性に見られる脱毛状態で、こめかみ上部付近
から脱毛が始まり、生え際の後退によりM字脱毛となってしまう。
又、頭頂部毛髪が細くなったり、薄毛やハゲになってしまいます。

女性の場合は「女性男性型脱毛症(FAGA)」といわれ男性とは異なる脱毛の仕方で、
頭頂部・前頭部を中心に東部全体の毛髪が細くなっていきます。
女性の場合はハゲになることは稀です。

AGA 薬

症状を抑制させ、毛髪改善させるには、
頭皮の脂発生を抑え、発毛に関する薬を飲用する必要があります。
少し難しい話になりますが、リスクの1つとして挙げられているのが
ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる男性ホルモンの1種です。
ジヒドロテストステロンが過剰な皮脂を発生させ毛髪の成長を妨げているのです。
頭皮に存在してる5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結びつくと
ジヒドロテストステロンに変わってしまうのです。

このDHTにより髪の成長を強力に妨げられて髪は完全に成長しないまま抜け続けます。
太くなるまで成長しない → 未熟な細い髪ばかり増える → 頭皮が目立って透けてくる → ハゲ完成 
となるのです。
5αリダクターゼ自体の分泌量が多ければハゲやすく、少なければ禿げにくい体質といえます。
これこそが遺伝に左右されると言われているところです。
でも、今では5αリダクターゼが酵素と結びついてDHTに変換されること自体を阻害する治療薬があります

又、DHTは皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでしまうため、
毛髪の成長を妨げるだけでなく、毛乳頭の受容体に結びつき、
毛髪が十分に成長する前に脱落するようになる原因とも言われています。

まずはこのDHTを抑える事を考えていきましょう。

AGA トップへ戻る