膝の痛み

膝の痛みの原因と対策をしっかりやって
上を向いて歩いて行きましょう
(・∀・)b

膝の痛みの原因

よくおじさんおばさんが階段の途中で立ち止まって
膝をさすりながら休憩している姿を見かけませんか。
階段の上り下りの衝撃を膝が受けきれずに痛みとなっているのです。
この症状は「変形性ひざ関節症」と言われる膝関節の軟骨がすり減ることで
関節に炎症が起こり痛みが生じる病気です。
50歳以上の中高年に多く、女性が多いのも特徴の1つです。

原因は加齢とともに軟骨成分の生成がしにくくなったという事と、
太ももの筋力低下、膝に負担のかかる仕事やスポーツも関係しています。

歩き始めや立ち上がるときに違和感や痛みがあるのであれば
1度整形外科を受診しましょう。早めのケアが症状の緩和、進行を抑える事ができます。

膝の痛み 薬

クッション剤の役割を果たす軟骨成分。最近よく耳にするコンドロイチンも
そんな軟骨成分の1つです。コンドロイチンを含む食品としてはオクラ、納豆、山芋などや
フカヒレ、鳥や牛の軟骨にもコンドロイチンが含まれています。ただこれらに含まれている
量は少量ですので、安定して摂取を考えているならばサプリメントが有効です。
実際にこれらの関連製品の売り上げが高くなっているのもこうした需要が多くなっているからだと言えます。

又、グルコサミンという言葉も良く聞きますがこれも軟骨成分の1つです。
コンドロイチンと同様に関節の炎症を抑える効果や動きを滑らかにしてくれます。
理想としては両方の摂取が好ましいですが、継続して摂取することが大事です。

ページ トップへ戻る