糖尿病

普段の生活を見直すこと、病を知る事で改善していきましょう。

糖尿病 診断基準

普段の生活において、高血糖のサインと言われる
症状があります。

・トイレの回数が増えた(多量の尿が出る)
・やたらに喉が渇く
・運動などしていないのに体重が落ちてきた

このような症状があればまず血液検査にて血糖値を調べましょう。
空腹時血糖値126mg/dl以上、または随時血糖値200mg/dl以上、
またはHbA1C(グリコヘモグロビン) 6.1%以上であれば糖尿病と
診断されます。

糖尿病 おやつ

甘い物を好んで食べる人は糖尿病になりやすいと言われる事がありますが
これは間違っています。何でもそうですが、食べ過ぎは良くありません。
多く食べるということはそれだけカロリー摂取も多くなるのです。
ご飯、スイ―ツ等でも量を意識して食べればある程度は問題ありません。

糖尿病 合併症

糖尿病を起因とした合併症の怖さがこの病になるなと言われる所以だと思います。

よく言われている3大合併症とは、

・失明の危険性もある網膜症
・人工透析が必要になる糖尿病性腎症
・最悪の場合は足の切断もある神経障害

があります。この他にも血管がダメージを受けていることによる
心筋梗塞や脳梗塞(脳卒中)、狭心症、不整脈などがあります。
これ以外にも骨粗鬆症、突発性難聴、顔面神経麻痺、歯槽膿漏、
ED、排尿障害、下肢動脈硬化症・・・
つまり全身に何らかの障害がおこるリスクが伴ってくるのです。

合併症は発症した時点で手遅れなのです。そうならない為にも
定期的なメディカルチェック、自身による健康チェックなども必要となります。
特に目に関しては毎年の検診はもちろん、異変があればすぐに診てもらうように
することが大切です。


糖尿病の治療には生活習慣の改善が必要であり運動も大切な治療の1つ。
適度な運動を心がけるようにして血糖コントロールの改善につなげていきましょう。
生活面でいえば禁煙、食事コントロールによる減量も大切。
又、糖尿病教育も実践し、病と向き合う事も必要だと思っています。
まずはできることから始めて健全な体作りに取り組みましょう。

ページ トップへ戻る